ダリル メイサー Darryl Macer
ユウバイオス倫理研究会 Eubios Ethics Institute 


ケンブリッジ大学およびMRC研究所 (Medical Research Council Laboratory of Molecular Biology, Cambridge, England) にて博士課程終了、生化学博士。分子生物学専攻。 ケンブリッジ大学、トリニティカッレッジ特別研究員(生命倫理学)、ニュージーランド科学産業研究省および環境省顧問を経て、現在、筑波大学助教授(生物科学系)、ユウバイオス倫理研究会代表、ユネスコ国際生命倫理委員会委員、HUGO生命倫理委員会委員。

ダリル メイサーはユウバイオス倫理研究会 の編集長です。 ユウバイオス倫理研究会は、いかに新しい技術を "good life (=eubios)" と矛盾することなく利用すべきかを考え、その倫理問題を論じる非営利のグループです。人種、宗教、文化を越え統合的な生命倫理へのアプローチや、国際的なネットワークを築くこと(ワールドワイドウエッブをご覧ください)を目指しています。

また、同様の関心を持つ人達にとって情報源の役割を果たすことを願っています。このようなユウバイオス倫理研究会の指針から、このワールドワイドウエッブにおいて出版物を自由にご覧頂くことができます。


研究分野

医療、農業、工業におけるバイオテクノロジーの及ぼす倫理的、社会的、環境的、経済的、法的問題に関する研究。 日本人の自然と遺伝子工学の受けとめ方の研究とその国際比較。 生命倫理教育:学生、教師のための生命倫理,生命工学に関する教材の開発。 国際生命倫理:生命倫理と遺伝学に関する国際ガイドラインの作成、Eubios Journal of Asian and International Bioethics の編集長として、生命倫理の国際ネットワーク開発、情報と思想の交換。


Join the human behaviourome/mental map project - Darryl Macer

To UNESCO/IUBS/EUBIOS Bioethics Dictionary

To Updates on UNESCO/IUBS/EUBIOS Bioethics Dictionary

Eubios Declaration for International Bioethics (Open for signature from 1 March 2002)


  • 学校における生命倫理教育ネットワーク」に関するお知らせ
  • 日本における高校での生命倫理教育、メイサー ダリル(編)、ユウバイオス倫理研究会 2000年
  • books (in English and Japanese)
  • メイサーの日本語の論文(Partial)
  • メイサーの英語の論文
  • Bioethics Teaching Materials / 生命倫理教育の補助教材(日本語版)
    asianbioethics@yahoo.co.nz
    Fuller list of features on the Eubios Ethics Institute (English)